2007年10月04日

突破力

中学校から長い付き合いの友人が、社会人のアメリカンフットボールリーグで選手としてプレーしている。
彼の試合は今まで何回も見てきたが、一眼レフカメラを持っていって撮影したのは、今回が初めてだ。
東京ドーム(つまり室内)での試合だったので、暗くて撮影条件は厳しかったなあ。
スポーツ記者みたいに、フィールドに入れるわけでもなかったのですが、それなりに撮りました。
屋外の試合のときに、また撮りに行くからなー!



アメフト001.jpg アメフト002.jpg アメフト003.jpg
posted by YAN at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

光の温度

しばらく記事を更新してませんでしたが、ネタがたまってきたので、どんどんUPして行きますよ。
今日の写真は国立新美術館で撮影。
写真を始めてから、光にもそれぞれ温度があることを学んだ。
晴天の光、曇りの光、蛍光灯の光、・・・。
今日の写真も、レストランの白熱灯?の光、外から差し込む自然光(雨降ってました)と主に2種類の光が映ってます。
照明の光を基準にして見ると、自然の光はこんなにも青い。

国立新美術館.jpg
posted by YAN at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

ある日の公園で

休日の公園では、思い思いに時間を過ごす人々に出会う。
楽器を弾いている人達だけでも、ギター、トランペット、名前も知らない民族楽器・・・etc。
他にも、絵を書いている人、読書をしている人、酒を飲んでいる人、空手の練習をしている人、ダンスの練習をしている人、実に様々だ。
その様子は、人々の価値観が多様化の方向に向かっている縮図を見ているようだ。
生物に雄と雌がいるのは、それぞれの遺伝子の組み合わせを繰り返すことによって、同じ生物でも遺伝子を多様化させるためだと聞いたことがある。
一種類の遺伝子しか持たない生物では、一つの病気で滅んでしまう可能性がある。様々な遺伝子を用意することで、生き残る可能性を増やす。
多様性は強さだ。いざというときに、団結することさえ忘れなければ。
私の友人にも、様々な得意分野を持ち、様々な考えかたを持った人々がいる。その人達との出会いが、私の人生にどれだけの彩りを与えてくれているのだろうか。
これまでの出会い、そしてこれから訪れるであろう出会いは、間違いなく人生の喜びの一端を担う。
ちょっと大げさだったかな?

代々木公園002.jpg 代々木公園003.jpg
posted by YAN at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ペット達のライフスタイル

ペット達と長年接していると、人間と同じようにそれぞれが生活習慣を持っていることが解って、さらに愛着が増す。

ペット達001.jpg
エルは散歩の帰り道に、ガードレールに手を突いて立ち上がり、下界を眺めるのが日課。


ペット達002.jpg
クッキーは、夏場になると玄関を寝床にする。どうやら、自分なりの暑さ対策らしい。


ペット達003.jpg
プリンは必ず食卓に参加する。自分が食べられる物が出る時はそれほど無いのに。家族の一員としての自覚、大。
posted by YAN at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

わさび

今日の写真は実家の山葵沢(わさびざわ:わさびを作る畑)です。
大半の方が山葵の育つ現場を見たことが無いと思いますので、写真による現場リポートです。。


山葵沢001.jpg
まずは山葵沢に向かいます。ジャングルに探検に出掛けてるのではありません。あくまで、山葵沢に向かっているところです。(写真に写っているのは父です。)


山葵はこんな感じで、清らかな水につかりながら育っています。
山葵沢002.jpg 山葵沢003.jpg 山葵沢004.jpg 山葵沢005.jpg


とれたての山葵。
山葵沢006.jpg
posted by YAN at 12:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 風景(自然) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

日差しを浴びて

今日の写真は実家にて撮影したものです。
すくすく育っている農作物達。
確かに植物に太陽の恵みは必要ですが、ここまで日差しが強烈だとある意味凶器。
しかし、そんなものに負けじと頑張っています。

田舎の夏休み001.jpg
さすがに田舎の空は青いなー、と思いましたが、こんな色も昼あたりまで。それ以降は水蒸気で霞んできました。

田舎の夏休み002.jpg 田舎の夏休み003.jpg 田舎の夏休み004.jpg 田舎の夏休み005.jpg
posted by YAN at 12:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 風景(自然) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

鶴岡八幡宮

本日の写真は鎌倉の鶴岡八幡宮です。

鶴岡八幡宮001.jpg 鶴岡八幡宮002.jpg 鶴岡八幡宮003.jpg
デビュー間近?    巫女さんのお通り。 

鶴岡八幡宮004.jpg 鶴岡八幡宮005.jpg

【鶴岡八幡宮】 源頼義公が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際し祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺に祀ったのが始まり。源頼朝公が現在の地に移し、鎌倉の町づくりの中心とした。
posted by YAN at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

鎌倉五山・・・の内2つ。

本日の写真は鎌倉五山の内、円覚寺と建長寺です。
どちらも北鎌倉駅から徒歩でいけます。
ちなみに、けんちん汁の語源が建長寺で食されていた建長寺汁にあるというのは有名な話。
あと、今回掲載にあたって調べ、新たに知ったことがあります。
京都にも五山ってあるのですが、選定されたのはどうやら鎌倉が先らしいんですよ。
なんでも京都が事の始まりっぽい先入観があるので驚きでした。

○円覚寺
円覚寺001.jpg 円覚寺002.jpg 円覚寺003.jpg 円覚寺004.jpg

○建長寺
建長寺002.jpg 建長寺003.jpg 建長寺001.jpg

【鎌倉五山】鎌倉時代末期頃より幕府は次々と大寺院を建立し、北条氏は南宋の五山十刹制度に倣ってならい五山制度を導入し鎌倉の禅寺に鎌倉五山を選定した。


posted by YAN at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

共に歩む

馬って美しい生き物ですね。
機能美って言葉がありますが、気の遠くなるような長い時間を人間と共に歩みながら、走るということに特化してきたことが美しさにつながっているのでしょうか。
今日の写真は、流鏑馬の撮影でお邪魔させていただいてる乗馬クラブで撮影しました。

horse001.jpg
posted by YAN at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

丸の内に束の間の静寂を

オフィス街として普段は賑やかな丸の内も、休日には静けさを取り戻すようですね。
お盆となればなおのこと静かに。
まあ、丸ビル・新丸ビルあたりは休日でも人出がありますが、今年のゴールデンウィークに比べれば、その勢いも沈静化したんですかね。
普段のビジネスマンで賑わっている丸の内を知っていると、休日の丸の内は異空間にいるかのような感じをうけます。
この日は暑かったので、余計に人出が少なかったのかな。

丸の内001.jpg 丸の内002.jpg 丸の内003.jpg
posted by YAN at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。