2007年08月23日

丸の内に束の間の静寂を

オフィス街として普段は賑やかな丸の内も、休日には静けさを取り戻すようですね。
お盆となればなおのこと静かに。
まあ、丸ビル・新丸ビルあたりは休日でも人出がありますが、今年のゴールデンウィークに比べれば、その勢いも沈静化したんですかね。
普段のビジネスマンで賑わっている丸の内を知っていると、休日の丸の内は異空間にいるかのような感じをうけます。
この日は暑かったので、余計に人出が少なかったのかな。

丸の内001.jpg 丸の内002.jpg 丸の内003.jpg
posted by YAN at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

皇居東御苑

今日の写真は、「皇居東御苑」
閉園の一時間程前に入ったこともあるかと思いますが、かなりすいていました。
おかげで、広い敷地がさらに広く見え、開放感を堪能。

東御苑001.jpg 東御苑002.jpg 東御苑003.jpg

東御苑004.jpg 東御苑005.jpg 東御苑006.jpg

昼寝もずいぶん気持ちよさそう。
posted by YAN at 12:37| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

旧岩崎邸庭園

今日の写真は、上野公園のそばにある「旧岩崎邸庭園」。
夏の強い日差しは、建物に強烈な陰影をもたらし、印象的な表情を見せてくれる。
それは建物の外側にとどまらず、窓から差し込んで部屋の中にも、影響をもたらす。
一般的にデジカメの撮影素子はダイナミックレンジ(表現できる明暗の範囲)がフィルムよりも狭い。
つまり、明暗さの大きい被写体はやっかいな相手だ。
でも、そこに魅力的な被写体が大人しくしていてくれてるのに、手を出さないっていうのは、ありえない話。うまくならなきゃなあ。

岩崎邸001.jpg 岩崎邸002.jpg 岩崎邸011.jpg

岩崎邸003.jpg 岩崎邸004.jpg

岩崎邸005.jpg 岩崎邸006.jpg 岩崎邸007.jpg 岩崎邸012.jpg
岩崎邸008.jpg 岩崎邸009.jpg 岩崎邸010.jpg


【旧岩崎邸】
1896(明治29)年、三菱財閥の三代目である岩崎久彌(=ひさや 三菱創業者・岩崎彌太郎(やたろう)の長男)が建築家ジョサイア・コンドルに設計させたもの。1999(平成11)年に重要文化財に登録。2003年4月から一般公開が開始されています。
ちなみに、コンドルはこのBLOGで以前紹介したニコライ堂の設計も手がけているそうです。


posted by YAN at 23:09| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

スプラーッシュ!

いやー、今日もとにかく暑かった!!
それでもめげずに撮影に出動です。
で、行ってきました「和田倉噴水公園」。
皇居周辺は何回も来たことがありますが、この公園の存在は最近まで知りませんでした。
ここ、結構いいですね。
写真好き的に水の動きが面白くて、撮影しててあきないっていう、マニアックな点も、その評価に影響しているとは思いますが・・・。
とにかく、みなさんにとっても涼しい水のイメージで暑中見舞いになれば幸いです。
今度は、併設のレストランも堪能したいな。

和田倉噴水公園001.jpg 和田倉噴水公園002.jpg 和田倉噴水公園003.jpg 和田倉噴水公園004.jpg 和田倉噴水公園005.jpg 和田倉噴水公園006.jpg

和田倉噴水公園007.jpg 和田倉噴水公園008.jpg

posted by YAN at 23:49| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

鎌倉といえば、これでしょ!

鎌倉と言えば、すぐにイメージ浮かぶのって大仏ですよね。
この日も暑いのに、参拝の人たちがたくさんいました。
カメラ持って周りを見ていると、みんな思い思いの時間を過ごしていることに改めて気づきます。

鎌倉大仏001.jpg 鎌倉大仏002.jpg

鎌倉大仏003.jpg 鎌倉大仏004.jpg 鎌倉大仏005.jpg 鎌倉大仏006.jpg
祈る気持ちは各国共通ですよね。
posted by YAN at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

梅雨明けまだかな

西日本は梅雨明けしたようですが、東日本の梅雨明けにはまだ時間がかかりそうですね。
写真は休日の上野公園でのワンシーン。台風通過翌日の、晴れ間がのぞいていた午前中に撮影。午後には雨が降りそうな、雲に覆われた暗い空になってしまいました。
最近は、曇り空が多く、晴れ間がのぞくのも、ほんのひと時といった印象ですね。
(昨日は晴天でしたが平日なので当然カメラは持ち出せず・・・。)
梅雨明けの晴天を早く撮りたくて、うずうずしてます。暑くて大変だろうけど。

上野公園001.jpg
posted by YAN at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

ほおずき市

本日は浅草寺で行われた、ほおずき市の写真です。
いままでニュースで見るだけだったけど、カメラ片手に初めて行ってみました。
想像してたよりは混んでなく、撮影には支障ありませんでしたが、とにかくカメラ持ってる人の多いこと。
夏の訪れを告げる風物詩ですからね。
私も一鉢購入して帰りました。風鈴をサービスしてくれるのが、また良い。
元気に育っている様子は、またご報告します。

ほおずき市001.jpg ほおずき市002.jpg ほおずき市003.jpg
posted by YAN at 12:35| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

神田明神

本日の写真は、予告どおりに江戸総鎮守 神田明神です。
写真を見てもらえばわかると思いますが、湯島聖堂とちがって派手な色使い。
まあ、湯島聖堂は宗教施設ではないので、神社と単純に比較していいの?という話はありますが。
近くに立つ歴史的建物同士で、これほど色使いに差のあるものを見比べることができるのも興味深いです。
ちなみに、ここの祭神の一人が、平将門 です。
以前、楠木正成像の記事にいただいたコメントで、将門公にはおいそれと手を出せないな、と書きましたが、あれは首塚のことです。

あと、本で読んだ豆知識をおひとつ。
江戸総鎮守となっていることからもわかりますが、江戸っ子(=神田っこ?)は将門公を大切にしていて、そのため将門調伏を行った成田山には、参拝しないのだとか。

神田明神001.jpg 神田明神002.jpg 神田明神003.jpg


何でかわかりませんが、ここの狛犬、やけにマッチョなんですよ。
普通に見かける狛犬の倍はデカイ!
神田明神004.jpg




posted by YAN at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

湯島聖堂

今日の写真は湯島聖堂。
今回撮って思ったのは、カラー写真で撮ってもモノクロの印象を写真に与える建物だということ。
そもそも、他の神社仏閣やらと同様に、派手な色使いの建物ではないうえに、黒が全面に用いられていることがそう思わせる要因なのだろうか。
比べるのも楽しいだろうから、湯島聖堂近くにあり、派手な色使いの神田明神の写真を次回は掲載します。

湯島聖堂001.jpg 湯島聖堂002.jpg
湯島聖堂003.jpg 湯島聖堂004.jpg


【湯島聖堂】
徳川綱吉が儒学の振興を図るため聖堂を創建したのが始まり。
関東大震災にて焼失したのちに、再建された。
posted by YAN at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

キャンドルナイト

先日、自由が丘で写真を撮った日の夜に、池上本門寺で行われたキャンドルナイトを見に行ってきた。
門をくぐると、参道に沿ってキャンドルが並べられ、幻想的な雰囲気だ。
皆、優しい灯りの中をそぞろ歩き、雰囲気を楽しんでいる様子。
キャンドルの中には、子供たちが描いたのだろうか?、イラストが手書きされている物があり、その手作り感もまたよい。
また来年も来たいな。今度はちゃんと三脚持ってね。

キャンドルナイト1.jpg キャンドルナイト2.jpg

キャンドルナイト3.jpg キャンドルナイト4.jpg
posted by YAN at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

明治神宮

本日の写真は明治神宮。
初詣のとんでもない人出の時は経験したことがないのでわからないけど、普段訪れる限り、ここは静寂に包まれている。
まあ、普段でもそれなりに訪れる人はいるわけだけど、広い敷地とそこにある鬱蒼とした緑が持つ懐の深さが、静寂さをもたらしているのかもしれない。
維持するのにどれだけのコストが掛かるかといった下世話な話をおいといて、こういった場所が存在することはありがたい。

明治神宮_001.jpg 明治神宮_002.jpg 明治神宮_003.jpg
posted by YAN at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

明日に向かって走れ的なイメージで

本日の写真は、皇居にある楠木正成像。
普通に正面からも撮ったが、後ろにまわったときに、丁度夕陽に向かって駆け出すようなイメージに見えたのでこのアングルを抑えました。

楠正成01.jpg

楠木正成は、一度朝敵とされたようですね。鎌倉幕府倒幕のころから、ずっと後醍醐天皇に付き従っていたので、南北朝設立のからみでそうなったのでしょうか?
しかし、後年になって朝敵ではなくなったそうです。

【楠木正成】
鎌倉幕府倒幕において、足利尊氏、新田義貞たちと活躍。その後も、後に南朝を興す後醍醐天皇方に付き従い、湊川の戦いにて死去。
posted by YAN at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

自由が丘で写真とって見て思ったこと

今日の写真は自由が丘。
自由が丘にも、ひっそりした佇まいの場所はあるんだね。
代々木公園の時と同じく、また忘れ物に遭遇しました。
今度は青い風船。

自由が丘20070617_002.jpg 自由が丘20070617_001.jpg

今回、ぶらぶらしながら写真撮って見て、なんとなく今の自分の写真に足りないところを考えて見た。
これからは、もう少しコンパクトな視点の写真も撮らないとな、と思う。
風景写真をメインで撮っているので、引き気味の全体的な写真が多いと思うし、それはそれでこれからも撮ろうと思うんだけど、如何せん状況説明的な写真が多いような気が。全体感を抑えるので、終わってるってことなのかな。
このホームページのコンセプト的に、残しておきたい対象の写真としては、全体を抑えた写真が適しているんだろうけど、それだとつまらない写真になりそうだし。
悩みはつきませんよ。
posted by YAN at 12:56| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

はしゃいだ後に

今日の写真は、代々木公園での一枚。
代々木公園は原宿駅から程近い場所柄、休日には数多くの人たちで賑わう憩いの場所。
過し方は人それぞれだが、夕方になれば人数も次第に少なくなり、静けさを取り戻してゆく。
そんな中、誰かに忘れられた悲しげな麦わら帽子を見つけた。


代々木公園001.jpg
posted by YAN at 12:15| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

靖国にて

何かと議論の尽きない靖国神社にある、大村益次郎の像。
本当の意味で靖国神社に穏やかな日々が訪れる日は、いつになるのでしょうか・・。

靖国(大村益次郎 銅像).jpg

【大村益次郎】
文政七年(一八二四)周防国生まれ、明治二年(一八六九)十一月五日大阪にて歿した。
戊辰戦争では新政府の軍務局判事に任じられ、大総督府に参じ東北の乱を平定。ついで兵部大輔に任じられた。
靖国神社創建者としての功績は大きく、明治十五年、伯爵山田顕義らにより銅像の建立が発議された。
posted by YAN at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

目線を変えて見ると

日本橋の欄干にいる獅子。
見上げて撮ると、ちょっと威張ったような、なかなかユーモラスな表情に写る。

日本橋獅子.jpg
posted by YAN at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ニコライ堂

今日の写真は、ニコライ堂。
ニコライ堂は通称で、正式名称は日本ハリストス正教会復活聖堂
キリスト教の宗派の一つであるロシア正教の日本における総本山だそうだ。
JR御茶ノ水駅から程近い場所にあるこの教会は、ビルの谷間にありながらも荘厳さを漂わせている。

東京という街はビルに占領された街だと思っていたが、被写体を求めて調べると歴史ある魅力的な佇まいの建造物が結構ある。
それらを一つ一つ訪ねて、写真に残していくこともまた楽しい。

ニコライ堂20060225.jpg
posted by YAN at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

横浜三塔

横浜には三塔と呼ばれるシンボルタワーがある。
それぞれ、

神奈川県庁       ⇒ キング
横浜税関本館     ⇒ クイーン
横浜市開港記念会館 ⇒ ジャック

個人的に一番被写体として、美しいと思うのは、横浜税関本館。
クイーンの面目躍如といったところだ。
逆に、美しいからこそクイーンの名がついたのかもしれない。

横浜税関001_20061229.jpg  横浜税関001_20070304.jpg

posted by YAN at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

築地本願寺

都内には有名な寺がいくつもあるが、築地本願寺はその風貌が特徴的な、実に写欲をかきたてられる寺だ。
インド風?といったらよいのか、オリエンタルな趣きで目を奪われる。築地という日本の台所というべき土地に違和感無く建っているところも、興味をそそる一因だ。
建築されたのは昭和9年だそうだが、そんな昔にこのような建築手法で建立することを受け入れた、浄土真宗門徒の方たちの懐の深さというか、先見の明には関心するばかり。

築地本願寺001_20070224.jpg

築地本願寺002_20070224.jpg

狛犬だって、異国風


posted by YAN at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

横浜

今日の写真は、横浜の夜景(夕景?)です。
去年の10月末、私が一眼レフカメラに興味があることを知った友人が、ためしに使ってみろ、とCanonEOS20Dを貸してくれました。
これが一眼レフとの出会いです。さっそく持って横浜に行き、撮影したことを覚えています。
横浜は歴史的建物とウォーターフロントの新しい建物の両方があって、被写体に困りませんね。
青空をバックに写っているのが、横浜税関の建物。異国情緒があって、特に気に入っています。
yokahama yakei.jpg yokohama kencho.jpg yokohama zeikan 001.jpg
posted by YAN at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。