2008年06月04日

時を語るもの

先日、ニッカウイスキーの宮城峡蒸留所を訪れる機会がありました。これで、日本のメジャーなウイスキー蒸留所(見学できるところ)は残すところ富士御殿場蒸留所を残すのみになりました。
宮城峡は最初に行った白州と似て、森に囲まれた雰囲気が心地良い場所でした。
また、この蒸留所は、日本で唯一のカフェ式蒸留装置があるところ。
残念ながら、その場所は見学コースになっていません。
(そこで蒸留されたものは、アルコール度が90%にも達するらしく、引火性が極めて高い為、安全性を考えてとのことです。)
今後は、日本完全制覇&本場スコットランドの蒸留所にいろいろ行ってみたいというのが、目標ですね。
金と時間が問題ですが・・・。
それとは別に、白州にはまだ1眼レフを持っていないころに行ったので、改めて訪れてみたいです。

<国内訪問履歴>
 1.白州蒸留所
 2.山崎蒸留所
 3.軽井沢蒸留所
 4.余市蒸留所
 5.宮城峡蒸留所

<海外訪問履歴>
 1.オーヘントッシャン蒸留所

宮城峡001.jpg 宮城峡002.jpg 宮城峡003.jpg
【関連する記事】
posted by YAN at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー&蒸留所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。