2007年10月05日

遠くにありて思うもの?

日本人が特別な思い入れをしているものといえば、桜なんかがあるけれど、富士山も双璧をなすひとつだと思う。
自分自身、実際に登った経験もあるし、登ることで達成感を味わった。それに、登らなければ見れない景色があるのも重々承知している。
その上で個人的な思いを言わせて貰えば、この山に関しては、遠くからその美しさを眺めている方が好きだ。
登ったときに実感したのは、富士山が立派な観光地だということ。
また、緑がないこともその考え方に影響を与えていると思う。

自分としては、実家を離れる前まで、特に意識することなく四季を通じて眺めた富士のイメージを大切にしたい。

夕暮れの富士.jpg
posted by YAN at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景(自然) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい写真。
私も富士山、大好きです。
遠くに富士山を見つけると、どうしてか拝みたくなってしまうのは…私だけ?
Posted by ゆみ at 2007年10月09日 16:42
>ゆみ さん
富士山って、昔から信仰の対象でもあったそうですからね。
富士講ってやつがあったそうな。

Posted by YAN at 2007年10月10日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。