2007年05月29日

オーヘントッシャン蒸留所

イギリス旅行の際、シングルモルトウイスキー好きの念願叶って、本場スコットランドで蒸留所を訪れることができた。
今回訪れたのはローランドの蒸留所の一つ、オーヘントッシャン蒸留所だ。
スコッチは地区によって呼び名が分かれており、アイラ、アイランズ(諸島)、ハイランド、ローランド、スペイサイド、キャンベルタウンに大別される。
オーヘントッシャン蒸留所のあるローランド地区はスコットランドでも南に位置する。
ロンドンから向かったこともあり、時間にあまり余裕のなかった今回の旅では、ローランドの蒸留所を訪れることにしたのだ。
日本でもそうだが、蒸留所は良質の水を求めて、必然的に郊外へ構えられることが多い。
蒸留所についたときには、まだ数人の観光客らしき人たちがいたのだが、しばらくしたら私一人きりに。日本くんだりから、平日に蒸留所見学にくるオタッキーな人間は、そうそう居ないらしい。
ガイドをしてくれる従業員と、マンツーマンで蒸留所を見学することができた。



オーヘントッシャン蒸留所_005.jpg オーヘントッシャン蒸留所_002.jpg オーヘントッシャン蒸留所_004.jpg

日本の蒸留所と違って、熟成庫がきれいだ。見学コースだから?

オーヘントッシャン蒸留所_003.jpg

ローランドモルト特徴である3回蒸留を行うポットスチル(蒸留釜)
オーヘントッシャンは今もこの伝統を守り続ける。
ピート香を少なめにするとともに、3回蒸留のおかげで癖のすくないウイスキーに仕上がる。


【シングルモルトウイスキー】
モルトウイスキー(原料:二条大麦)の中でも、単一の蒸留所のモルトウイスキーで造られたウイスキー
【関連する記事】
posted by YAN at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイスキー&蒸留所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。